寺内萬治郎

Manjiro TERAUCHI

小麦色のモデルの肌合いの「裸婦の寺内」として知られ、ひたすら時代性を意識した人物表現を追求した洋画家.
「酒もタバコもやらず、趣味もない」と語った氏は、後進の育成にも力を注ぎ、浦和画家の指導者としての役割も果たした.

日本藝術院会員、日展理事
埼玉県美術家協会会長(初代)、光風会会員


《略暦》

1890年
大阪市難波に生まれる
1911年
東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科入学
1922年
中村彝、曾宮一念らと「金塔社」結成(~23年)
1925年
第6回帝展『裸婦』特選受賞
1926年
第7回帝展『裸婦立像』などを無鑑査出品。
曾宮一念、耳野卯三郎らと「柘榴社」結成
(~30年)
1927年
第8回帝展『インコと女』特選受賞
1929年
光風会会員となる
1933年
第14回帝展 審査員
1934年
第21回光風会展 評議員。第15回帝展 審査員
浦和市針ヶ谷(現さいたま市)のアトリエに東京・田端より移転
1935年
旧帝展無鑑査有志により第二部会を結成
(~37年)
1939年
日本大学芸術学部講師になる(~43年)
第3回文展 審査員(第4回、第6回)
1943年
東京美術学校の講師となる(~50年)
1944年
里見明正、渡邉武夫などの寺内萬治郎門下生と
「武蔵野会」を結成
1951年
第1回埼玉県展の審査員長を務める。
「横臥裸婦」で日本芸術院賞受賞
1952年
東京教育大学教育学部講師となる
1953年
「埼玉県美術家協会」が結成され、初代会長となる
1955年
門下生と「与野会」を結成
1960年
日本芸術院会員となる。日展理事に就任
1964年
逝去
勲四等旭日小授章を授与される

《当画廊での展覧会歴》

企画展

2008年
「埼玉近代洋画の系譜展 PartⅣ」
2006年
「埼玉近代洋画の系譜展 ParⅢ」
2005年
「埼玉近代洋画の系譜展 PartⅡ」
2004年
「埼玉近代洋画の系譜展 PartⅠ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*作品の在廊状況、価格等はお気軽にお問い合わせください