蛯子真理央

Mario EBIKO

大胆さと繊細さを兼ね備えた色彩と絵肌が、独特の躍動感あふれる世界を作り出す
シンプルなモチーフながら、強い光をまとった作品に、観る者は心を奪われる

(略歴)

写実画壇会員

1969年
東京都に生まれる。父は画家 蛯子善悦。
1974年
両親とともに渡仏。パリ郊外ルヴァロワ=ペレに住む
1985年
単身帰国
1988年
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科入学
1995年
武蔵野美術大学油絵学科卒業 卒業制作優秀賞
2002年
第37回昭和会展優秀賞(日動画廊)

 

個展、グループ展多数

 


(当画廊での展覧会歴)

企画展

2016年11月
第三回 構成と色彩展
2015年11月
第二回 構成と色彩展