マティス

Henri MATISSE

20世紀初頭のフォーヴィズムの先導者の一人と評され、20世紀美術界の巨匠.
純粋な色彩効果による表現を生涯にわたって追求し、作品はやがて形態の単純化、画面の平面化につながり、
切り絵による表現に到達した.

《略暦》

1869年
フランス北東部ル・カトー・カンブレジに生まれる
1889年
盲腸炎を患い、その療養中に絵を描いて時間を潰しているうち、本気で画家を志すようになる
1892年
エコール・デ・ボザールのG.モンロー教室に入る
1904年
ヴォラールの画廊で最初の個展を開く
1905年
ドラン、ヴラマンクらとのサロン・ドートンヌ出品作が「フォーヴ」と名づけられる
1906年
ガートルード・スタイン邸でピカソと出会う
1911年
モロッコへ旅行.この頃から、さまざまな空間表現の実験、装飾的要素の大胆な使用を試みる
1932年
エッチング挿画『マラルメ詩集』刊
1933年
米バーンズ邸壁画『ダンス』制作
1943年
南フランスのヴァンスに定住、切り紙絵に専心し、『ジャズ』として出版。1948年-1951年には建築のプラン、壁画、ステンド・グラスなどすべて自身の構想によるヴァンスの礼拝堂を完成した。
1947年
孔版画集『ジャズ』
1954年
心臓病のため死去