塗師祥一郎

Shoichiro Nushi

日本を代表する風景画家
画家の思想が息づく温かみのある雪景色は、観る者を魅了してやまない

日本藝術院会員、日展顧問、
日洋会理事長、埼玉県美術家協会会長


《略暦》

1932年
石川県小松市に生まれる。
生後8ヶ月で旧大宮市に移り住む
1947年
北国現代美術展で『静物』吉川賞
1951年
第7回日展で『展望』初入選
1952年
第38回光風会展に『構内』『いこい』初入選
金沢美術工芸大学油彩専攻卒業、小絲源太郎に師事
1997年
第29回日展で『山村』文部大臣賞受賞
2003年
『春を待つ山間』日本芸術院賞受賞。
日本芸術院会員となる
2008年
旭日中綬章を受ける
2016年
逝去

 

その他、個展・グループ展多数

《当画廊での展覧会歴》

個展

2016年1月
「塗師祥一郎展 ー新春を祝うー」
2015年6月
「塗師祥一郎 作品展」
2015年4月
「未来に遺したい埼玉の風景 塗師祥一郎展」
(埼玉県立近代美術館)
2012年6月
「傘寿記念 塗師祥一郎展 ー冨士を描くー」
2010年6月
「塗師祥一郎 油彩画展 ー川口・武蔵のを描くー」
2008年
「塗師祥一郎展」
(仏パリ カルーセル・ドゥ・ルーブル)

他多数

 

 

 

 

*作品の在廊状況、価格等はお気軽にお問い合わせください